スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRIDGEさんをリンクに追加!

こんばんは。
ユウです。

BRIDGE(※)さんのリンクを張りました。BRIDGEさんのおすすめするボランティア募集やイベント、セミナー情報などを掲載されてますので、興味のある方は是非見てみて下さい。パソコンではこのページのすぐ左のリンク「BRIDGE」、携帯ではリンクに飛べないので、http://ameblo.jp/v-bridge/へどうぞ。
リンクを貼らせて頂くということで、ブログをちょっとのぞいてみたんですが・・・とってもかわいいです。期間限定でラスカル君デザインです。
※BRIDGE・・・法政大学多摩キャンパスで、学生のボランティア活動を支援する活動をなさっています。(ブログ引用)


この間、ドイツに行ってきました。街並みなどとてもきれいで、食事もおいしく、お土産もたくさん買えて、大満足でした。また、外国へ行って1つ感じたこと。それは、「日本ほどユニバーサルデザイン(バリアフリー)などが発達していない」ということです。
日本は徹底してスロープをつけたり、駅には必ずエスカレーターだけでなくエレベーターがあったり、バスや電車に乗降するときも段差を低くしていたりなど、高齢者や歩行が困難な方などが何も障害なく移動することができます。
しかし私が訪問した国(ドイツ、チェコ、オーストリア)は、そういった配慮があまり感じられませんでした。大きい駅なのに階段で乗り換えないといけないところがあったり、やけにエスカレーターの速度が速かったり(私たちでもよろけるほど)、歩道がレンガででこぼこしていてつまづきやすそうだったり、電車のドアが階段3段上にあったり・・・。
ですが、そう感じた反面「元気な人が多いな」とも感じました。ユニバーサルデザインではない環境に適応するには足腰を悪くしてる場合じゃないということなのでしょうか。やはり日本はユニバーサルデザインやユビキタス技術が発達していますが、それに頼ってしまうのも事実です。誰でも障害なく自由に行動できることは素晴らしいのですが、便利も行き過ぎてしまうのもよくないのかもしれない、そんなことを感じた旅行でした。




ユウ
スポンサーサイト

気分(上々)

こんちゃ(゚▽゚)/

毎日元気なお松です

この前、京都へ二泊三日の旅行に行ってきましたO(≧∇≦)o楽しすぎて疲れを忘れてたら、家に帰った後一気に疲れが出ましたトホホ

さて、今日はスタッフらと千代田区のCES(千代田エコシステム)環境フェスタに参加しましたo(^-^)o

テーマが『千代田エコシステムで「わたし」を動かす』ていうことで、環境に興味がある人には充実したものでしたよ(^O^)

東京ガスや東京電力、三菱地所などのエネルギー分野の企業もパネル展示を行っていましたよ

また、環境系ボランティアの人達とのワークショップやディスカッションでは、色んな意見が聞けて勉強になり、今後の活動の参考にもなりました\(^o^)/

おかげでお疲れだったけど、なんだかモチベーションが上がってきましたよ

皆さんもイベントやキャンペーンに参加して、モチベーション上げながら色んな活動するのもいいかもしれませんね(o^-')b

じゃっ、皆さんお元気で

気分(上々)でいきましょう(`▽´ゞ

高校生

こんばんはたぇです
まだまだ寒いけど、日差しに春の暖かさを感じるようになってきました

さて、今日はサークル活動の一環で、近くの高校に手話を教えに行ってきました


いやぁ幼いとぃぅかあどけないとぃぅか(あんまり言うと犯罪ですかね(^_^;)

とにかく高校生って若い!!
自分にもあんな時代が…☆*.'(´А`)??笑


サークルのメンバー4人に対し、高校生は2人。いつもは10人以上いるのでびっくりの少なさでした。


2対1で様子を見ながら進めていたんですが、担当したコが一生懸命一緒にやってくれて、最初は受け身だったのが「どうやるんですか?」って自分から聞いてきてくれて嬉しかったです

どんなに良い環境でも、自分からやろうと思わないと身につかないんですょね 自分も語学で経験済みです‥


ボランティアも始めるきっかけはどんなものでもいいけれど、目的を持ってすることで、「楽しかった」「ツラかった」だけでない「何か」が得られるんじゃないかな、と思います


私も次は高校生との心の距離を近づけるを目標にまた高校に行きたいと思います

背後から・・・

こんばんは。コジです。
背後から変な音が聞こえてきます。私はチキンなのでかなりびくびくしてたら、隣の部屋のお姉ちゃんのいびきでした(´▽` )やれやれ。

そんなことはさておき、私も6日にあったボランティアコーディネイト講座参加しました☆

講師の方は、ボランティアセンターの立ち上げに数多く関わってきた、京都からきた女性の方でした。親しみやすい雰囲気の方で、柔らかい京都弁での説明がとてもわかりやすかったです。

講座では、2つの班に分かれて、「あなたにとってボランティアとは?」「ボラセンの役割、利点は?」「ボラセンに学生スタッフがいることの利点は?」について意見を出し合いました。一般の学生のボランティア観やボラセンについてどう考えているかなどを今の時期に聞けたのは本当によかったと思ったし、色々気づかされることも多かったです。

この講座をうけたことで、ボラセンへの思いが強くなりました(>▽<)/♪ボランティアコーディネイトは簡単なことではないけど、相談に来た人の希望に可能な限り応えられるように頑張ります!!ボラセンも、居心地の良い環境にしていきたいです☆

スタッフ一同こつこつと頑張っていきます♪

では☆


ボランティアコーディネート講座

こんちゃ(゚▽゚)/

お久しぶりです(^-^*)/お松です

4月から法政にボランティアセンターできるので、スタッフの自分は2月6日にボランティアコーディネート講座を受けました(>_<)

けっこうマイナーな講座だったけど、スゲー意欲がある人達(20人くらい)が来てメッチャビックリしました

4月からコーディネーターとして一生懸命みんなをサポートしますよ~(o^-')b


ボラセン(ボランティアセンター)を、色んな事の『きっかけ』となる場として活用してもらいたいなぁと思ってます

ヨッシャーやる気全開だぜ

(うぉぉ~~)

てなわけで、ボラセン楽しみにしていて下さいね

じゃっ、またの機会に(`▽´)/〃

☆マインドマップ講座☆

こんにちは!コジです(・▽・)/

節分の日に学生部主催「マインドマップ講座」を受けてきました☆なので今回、この講座で私が気づかされたことを簡単に紹介したいと思います(^-^)

講座では、休憩をはさみつつ講義とワークタイムが交互に行われ、30人近い学生が熱心に講師の方の話に耳を傾けていました。

ところでみなさん!クリップってどんな風に使えると思いますか?普通に紙をはさむ以外に、つなげてアクセサリーにするとか、のばして爪楊枝にするとか考えてみれば無数にあるんです。しかし、ワークタイムで「クリップの使い方を箇条書きせよ」というので私は5つしかあげられませんでした。でもその後にマインドマップの書き方で書いてみたら、さっきとは違ってたくさん使い方が浮かんできたんです。マインドマップは、脳の中で次々と展開する思考をそっくりそのまま紙に書き写すものです。具体的にいうと、紙の中心に描いたテーマイメージから放射状にカラフルな曲線の枝を展開して、頭の中に浮かぶイメージやキーワードを枝の上に置いてゆくものなんです。なので、普通に箇条書きするよりはイメージを連想しやすいみたいです。確かに連想ゲームっぽいなとは思いました。つまり、マインドマップで書いて考えると、アイディアが浮かびやすい!!(>▽<)/

ワークタイムの中で「自分自身のことをマインドマップで書く」というのがありました。ただここでの注意点は『絶対に自分のマイナスな所は書かない』ということです。講師の方いわく、『問題を抱えている人でも、問題を解決した後の自分を想像して書くことが大事』だそうです。つまり極端に言えば、自分自身のことをマインドマップで書く時は全て理想であっても良いということになります。私はこれを書いたことで、自分の中を整理できた上に新しい発見や、目標の具現化、そしてとても前向きな気持ちになりました。今、作ったマインドマップを見返すと、苦笑してしまうくらい理想でうめつくされていますが、これを見ると理想の姿の自分が具体的に想像できて、その理想の自分に絶対なれる気がしてきます。問題と向き合うことも大事ですが、それへのアプローチを変えることでこんなにやる気がでるのかとびっくりしました。人間思い込みが大事だと聞いたことがありますが、まさしくこれがそれですね(>-<)是非みなさんも試してみてください!


気づいたらかなり長々と書いてしまいました(;△;)長文失礼しました。
ではまた♪

訪問者数
カレンダー(月別)
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
法政大学
手話サークル『わたがし』
LoRo SHIP
QRコード
QR
お問い合わせ
お問い合わせはこちらからお願いします!!! 質問、意見、感想などお待ちしております!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。