スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回講座 講演内容紹介&参考URL紹介 せき

VSPのブログをご覧のみなさま

いつもボランティアセンター及び
VSPがお世話になっております。

学生スタッフのせきと申します。
8月30日に続きまして
10月13日に行われる講座に関する情報を
紹介したいと思います。

【日時】
10月13日(水)5限
(16:50~18:20)

【講師-山本 敏晴氏 略歴】
http://www.ets-org.jp/ets.html下部
(PCでの閲覧推奨)

【山本氏 運営NPO創設理由】
http://www.ets-org.jp/ets.html
(PC推奨)

【講演内容紹介】

『国際協力師』という新しい職業を知っていますか?

ここ数年の就職難のために
世界的に求人数が減っていますが、
国際公務員(国連職員)や、
日本の国家公務員(JICA職員)
等に就職すればリストラのない
安定した就職環境が得られます。

実は国際協力は無休で行うボランティアの世界ではなく、
有給で行う非常に専門性の高いプロの職業です。

実は国際協力を行っている人の6割以上は
先進国内で予算の捻出やプランの作成を行うのが
主な仕事であり、
自らが危険な現場に行くことはありません。

このような新しい職業についてたくさんの著書をお持ちでいらっしゃる
山本敏晴先生にこの度 ご講演いただくことになりました。


また、講演では他にも
○山本氏が実際に行った国際協力プロジェクト
○買い物で国際協力(企業の社会的責任 CSRとは)
○学生の時に何をすべきか
などもお話いただく予定です。

非常に盛りだくさんで、
どなたにでも何か得られる講演だと
僕は確信しています!

参加を悩まれている方はぜひ!
参加を決められている方はご友人もお誘いあわせのうえ!
お越しいただけると非常に幸いです!

申し込みは
外濠校舎1階ボランティアセンターまで!

【日時】
10月13日(水)5限
(16:50~18:20)

ご質問等ございましたら
popporo@gmail.com
までお問い合わせください。

それではまたどこかで(^^)


せき
スポンサーサイト

夕張なう

わんばんこ!トミーでっす!
先日から(といっても結構前の話ですが)、わたくしVSPの代表を拝命いたしました。去年の4月に一人でVSPのミーティングに乗りこんでから早1年と4カ月。いやー、時が流れるのは速いものですねぇ。(しみじみ



さてさて、タイトルは7月末から始めたツイッターっぽくしてみたのですが、僕は今
「夕張まちづくりボランティアツアー」
に参加しています!そう、リアルタイムで参加中なのです。ただいま扉を挟んだ壁の向こう側では2日目の夜の懇親会が行われています。去年参加した時にPCを持ちこんでVSPの仕事をやっていた記憶があったことから、ちょうどブログ当番になっていた先週のミーティングで「夕張からブログ更新したいと思います!ビシッ!」なんて宣言してしまい、引くに引けなくなってしまったのです…。でもボランティア企画に参加しながらブログを更新するなんてVSP史上初だと思うので、その点はとても光栄に思っております。




さてさて、本題に移りましょう。
初日の昨日は、夕張に着いてからバスで夕張市の色んなところを案内していただき、夕張の現状をみんなで確かめました。二日目の今日からボランティア活動に入っています。
今回のツアーでは大きく分けて3種類のボランティア活動があります。
まず、午前中のアウトドア活動として
・花壇整理
・坑口整備
の2つがあります。全体で二手に分かれて行います。

花壇整備とは?…廃園になってしまった遊園地の跡地に手入れのされていない花壇があるのですが、そこを草花できれいにしちゃおう!という素敵な活動です。実は昨年、色とりどりの花たちを植えてとてもきれいになったのですが、夕張に住んでいる鹿さんたちにお花を食べられてしまい、見るも無残な状態になってしまったのです…。しかし、そんな中でも生き残った植物があったのです。
「さて、その植物とは一体何でしょう?シンキングタイム、スタート!」なんてやっても誰も分からないと思うのでもう言っちゃいますが、【ミント】だったんです。そこで今年はミント系の植物たちを植える作業を行っています。僕はこちらの作業の担当ではないのでやってみての感想とかは分からないのですが、学校に戻ったらボラセンで活動の様子アルバムが作成されて、みなさんも閲覧できる状態になるのでそれを待ちましょう。



もう一つは「坑口整備」ですね。「こうぐちせいび」と読みます。
まず「坑口」って何よ?って方のために説明をすると、石炭をとるために使う炭鉱の道(坑道と言います)の入口のことです。みなさん夕張というと「夕張メロン」を思い浮かべるかと思いますが、かつて夕張は全国でも有数の石炭のとれる「炭鉱の町」として有名だったのです。しかし、主要なエネルギー源が石炭から原子力・石油などにシフトしたことや、度重なる事故などが原因で炭鉱はすべて閉山。ほとんどの坑口は放置されたままになっており、かつて日本のエネルギー供給に大きく貢献したというその歴史的価値が陽の目を見ないままになっていたのです。

そこで!今回は夕張で一番古いといわれる「千歳坑」という坑口の周りに生い茂ってるイタドリなどの植物や草を刈って道を整備したり、その周辺の坑口も草を刈り取って外から見えるようにするという活動を行っています。作業の様子はこんな感じです。大鎌も使うので、軽く林業体験ツアーで言う「下草刈り」もできちゃいます。

ビフォー?

こんな感じで作業をしました。作業を始めて15分くらいの時の写真です。細かいところは剪定(せんてい)ノコギリや枝切りバサミも使ってみんなでやっていきます。休憩もあったので都合1時間半程度作業した成果がこれです。

アフター?

アングルが違うのでビフォーアフターの劇的っぷりが少し分かりづらくなっちゃってますが、1枚目の真ん中くらいにある木が2枚目の右に来ている木です。写真だと凄みがなかなか伝わらないのですが、教職員の方々もビックリの激変ぶりだったのです。


ああ、もう書き始めてから1時間もたってしまった…。
明日も7時起床なので午後のインドア作業に移りましょう。
午後は全員で資料整理ボランティアを行いました。
夕張市には数多くの歴史資料が残っていますが、夕張市が財政破綻してしまっている状況もありなかなか整理が進まない状況にあります。以前、夕張石炭博物館の館長をされていた方が一人でその役を担っているのです。
資料整理はたくさんのグループに分かれるので、ちょっと僕も全ての作業を把握できていないのですが、共通して行っているのは「資料のデジタル化」です。夕張に関する新聞記事のデータベースを作成したり、僕が担当した古い写真のデータベースの作成などみんなでがんばってやりました。午前中に体を使う作業をしたこともあり、この単純作業ではみなさんお疲れ気味でしたが…。写真は撮り忘れました。ごめんなさい。こちらも皆さんにアルバムを閲覧していただくということにしましょう。



活動は明日も続きます!
ではみなさん、また逢う日まで、おやすみなさい!
訪問者数
カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
法政大学
手話サークル『わたがし』
LoRo SHIP
QRコード
QR
お問い合わせ
お問い合わせはこちらからお願いします!!! 質問、意見、感想などお待ちしております!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。